靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
タグ:靴トピック ( 33 ) タグの人気記事
靴の記念日
仕事柄、そして、昔からスキで靴はわりと持っている方です。
でも、増えすぎても仕方ない!とある時から新しく増やすのと、ストックからおろすのをセーブするようにしていました。そして、かれこれ7,8年くらい愛用していたブーツをこの冬で捨てることにして、やはり6,7年の間、靴箱の中で眠っていたブーツを箱から出すことにして、、最近、古いブーツに別れを惜しみながら新しいブーツを履き慣らしているところです。
新しいブーツはプレーンな革のしっかりした作りの靴なので、扱いにも気合いが入ります。まだ浅草などの遠出には履かず、半日くらいどこかに出る時に履きながら慣らしているのですが、手をかけている感じがまた、愛着がわくのです。
捨てる予定の靴も、もうすぐお別れ、、と思うとふだんのペース以上に連続で履いてしまってるのですが、モノとも出会いと別れがあって、その時どきを大事にしたいなあと思ったのでした☆
b0128232_18252679.jpg

ところで3月15日は靴の記念日だそうです。
私も最近、初めてきいたのですが。来年からは靴の記念日をカレンダーに印をして、意識しようと思います。
[PR]
by ramzan10 | 2012-03-16 01:12 | smile
2012
あけまして、おめでとうございます。
2012がよい年になりますように。心よりお祈り申し上げます。

b0128232_118786.jpg

大晦日から実家に帰って、今日、こちらに戻ってくるまではどこへも出かけず、ただただ、のんびりとすごしていました。
その間に、編集者をやっているイモートのだんなさんからこの本をいただいたのですが、ロンドンが舞台の、靴職人さんが主人公のミステリーのようです。
彼の勤務先とは別の出版社からでてる本を、私が靴の仕事をしているのと、本好きということで持ってきてくれたのですが、作家さんも初めて聞く名前ですし、さすが、本のことをくわしいなあという感じです。

のんびりしていたのが、こちらに戻った途端、新しいサンプルの資料を受け取ったり、明日にでもそれを持って浅草で打合せをするように準備をしたり(でも、実際は挨拶まわりの日なので仕事の具体的な話にならないかも…)、慌ただしい時間がはじまりました。
本に没頭できる時間はなかなかないかもしれませんが、あせらず、急がず、じっくりと本の世界を楽しみたいです。
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-05 00:55
原宿デイト
久しぶりに会う女友達と、原宿で待ち合わせをしました。
目指したのはヴィヴィアン・ウエストウッドのシューズ展
あっさりした内容だと思っていたら、予想していなかった膨大な数の靴、靴、靴、、が展示されていて驚きました。様々なデザインの靴があったけれど、どの靴からもヴィヴィアンらしさが伝わってきて、ファンとしてわくわくしながら見る部分と、靴の仕事に携わる者として冷静にみる部分と、両方が満たされるいい展示会でした。
ヴィヴィアンの世界に触れるたびに、彼女の魅力に圧倒されてしまいます。そして、自分をふりかえってもどかしくなってしまう。。そういう刺激を与えてくれる人は、彼女だけ。とても特別な存在なのです☆
b0128232_957113.jpg

ラフォーレ前でSEE BY CHLOEの期間限定ショップをのぞいたり、寄り道も楽しみました。
スカルプリントのとってもかわいいチョコレートがあったけれど、なんと、1粒¥500で私の金銭感覚をオーバーしていたので、残念ながら見るだけで。。
ファッションから雑貨、コスメ、スイーツのお店まで、じっくり満喫したよい日でした。
1人でのウインドウショッピングもスキだけれど、気の合う女友達と過ごすのも、これまた楽しくて。クリスマスムードいっぱいの町並みは、おのぼりさん気分ではしゃぎながら歩くのが似合う気がします。
b0128232_10375820.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-12-24 12:41 | smile
LOVE! Handmade
浅草、二天門の隣にあるアミューズミュージアムでの“LOVE! Handmade〜針と糸が織りなす世界〜”展をみてきました。
アミューズミュージアムは1階ができた当初はカフェ、今は雑貨ショップ、なので時々、利用をしますが展示部分に入ったのは初めてです。
北の、粗い麻しかとれない地域に住む女性たちが、刺し子で縫い上げた布の数々が美しくておどろきました。当時、自分の居場所がなく、気持ちをぶつけるところもなかった彼女たちが、家族が寝静まった時間にいろりの残り火をたよりに寒く、暗い中で刺し子をしていたという説明をよんで胸がつまりました。凍えるような中での作業だったらしいのですが、それでも、気持ちを解放させてくれるほんのひとときだったのかなあ、、と布をみながら感じ入ったのでした。
色鮮やかな布は近くでみるとぎっしりと、細かいひと針ひと針と気が遠くなる程の時間の積み重ね。貴重で実用的な布たちにこめられた重い意味と様々な柄、デザインに圧倒されました。
b0128232_12485170.jpg

白く輝く星と、ほんのり桃色の控えめな星模様。
手芸が好きなので、刺し子や刺繍も興味があるのですが、重みを感じる布をみていると軽い気持ちでいつかやってみたいと思ったのがはずかしくなってくるくらい。。みんな素晴らしかったです。
b0128232_12493734.jpg

あと、途中で気になったのは常設展示のスペースが演出なのか暗くて、少し不気味に感じてしまって、、入れないところがありました。
ロンドンのV&A ミュージアムに行ったときも、古代の展示は興味深くみていたのが中世あたりの、特に日本の甲冑、甲の展示あたりから何だか怖くなってきて、早々にでてきてしまったことがあります。霊感の類いが全くない私がそう感じるくらいなので、あまりに古いもの、暗い雰囲気のものが苦手な人はたくさんいると思います。もっと室内を明るくするなど工夫があるといいのになあ。
b0128232_13383275.jpg

鮫の皮で作ったブーツもありました。実用性と工夫がこめられた興味深いものでしたけれど、内心はこわごわだったのでした。。;
[PR]
by ramzan10 | 2011-12-01 01:40 | smile
箱入りムスメ靴
かれこれ10年近く前のY'sの、お気に入りのスニーカーです。
が、この靴は底がすり減ったら修理のできない化硫タイプのゴム底なので、毎日でも履きたい気持ちはあるものの、底を減らしたくない気持ちとで、ついつい、しまいがちです。
靴にとっては本末転倒の扱いなんでしょうけれど、何かいい方法ないかしら。
b0128232_13392976.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-11-01 23:17 | smile
リゾート革サンダル
いつか旅行先で履こう、としまっていたサンダルがあるのですが、どうやらその機会はなかなかこなそう…ということで、今年の夏はだし惜しみしないで履くことにしました。
見ためは薄くて軽くて、ビーチサンダルみたいなのですが、ハナオを編んでいるのも、足があたる部分の中底も、地面にあたる本底も、さりげなく実はみんな革でできてる、のが気に入ってます。
但し、とても薄いので歩いていると地面の衝撃がきて、たくさん歩き回る時にはむきません。きっと、バカンスの時に履く用途なのでしょう(たぶん)。
今年の秋は暑いそうなので、まだまだたくさん履くつもりです☆
b0128232_18424458.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-08-31 19:39 | smile
ウレタンにご用心
ずっと前に買って、履くタイミングを楽しみに寝かしていたスニーカーをデビューさせようと、箱から出したらこんなことになっていました。
底材のウレタンが両足とも、ざっくり割れています。。
ウレタンが年月とともに劣化するというのは、一般的にはともかく、靴に携わる者として常識だったのに、なんだか油断していました。。
買った当時、人気があったブランドのスニーカーで、少し落ち着いてから履こう、なんて余計なこと考えてたのが仇になりました。素材によって、靴にも旬があるんだなあ。
b0128232_1444856.jpg

靴箱や、靴箱に入ってる注意書きの紙にも、ウレタン底についての注意が入っていると思いますが、みなさまもどうぞお気をつけて!
[PR]
by ramzan10 | 2011-07-28 19:25 | smile
ミュール
気に入ってるけれど、履いて出かけるのは年にほんの数回のこのミュール。。
スエード素材なので、雨の心配がない日しか履けない。
長く歩くと足が痛くなるので、あまり歩かない日しか履けない。
履き口があたって痛いので(私の甲の高さの問題です)、タイツや靴下とあわせないとだめ。
それでも、履いてから2、3日は甲がほんのり痛みます。。(。・_・。)

“足にあわない靴は履かないのが一番”で、それは靴に携わるものとして本当によく分かっているけれど。それでも履きたい靴がある、その気持ちも分かります。
足にあわない靴を履いている人、いっぱいいるだろうけれど、せめて、足のダメージが少なくなるように研究しながら履いているといいな。
b0128232_164664.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-05-26 07:53 | smile
秋の靴トーク
週末は、オーダーメイド靴の工房を開いている友達が、恵比寿のshopイベントにくる、、ということで、訪ねてきました。
この友人Tさんとは数年間、週に数回のペースで浅草で会っていたのですが、その後、お互いに浅草にでるタイミングやペースが変わって、会うのはかなり久しぶり!
たまにTELやメールで連絡をとる時は、相談やまじめな話をするのに、いざ会ってみると他愛のない話ばかりになりましたが、そういうのが懐かしくて楽しかったです。
また、フリーで仕事をはじめた当時と比べて、その頃は頼りなかったカオつきが変わったと言われたのが嬉しくて☆たくましく、成長していってるのなら、いいなあ。

そのshop、リファーレさんは、靴の修理と販売をされている、靴の専門店です。
私と同じ、OEMの仕事をされている方と、少しの時間でしたがお話もできました。
靴業界の人とは日々、たくさん会うけれど、同じ仕事の人と会うことはあまりないので、これも楽しいひとときでした。

ちなみに。リファーレさんに行くのは初めてで、地図をみながら探したのですが、ふと気づくと、以前に友達に紹介された感じのいいビストロのすぐ並びでした。
食事に来た時は気づかなかったのに!何ごとも、出会うべきタイミングで出会うんだなあ。。

久しぶりに履いた、グッドイヤー製法の靴。
秋にはこういう、革靴らしい革靴、を履きたくなります。
b0128232_23263057.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-15 18:37 | smile
モノステージ
知り合いが出展している、モノステージという合同展に行ってきました。
浅草駅近くの地下通路を使って、ものづくり、にこだわっている靴や皮小物のブランドがずらり、並んでいて楽しかったです。
靴、皮業界の合同展はいくつかあるけれど、わりと、商工会っぽい雰囲気のものが多いのですが、こちらは文化祭っぽい雰囲気もあったりして。
同年代の人たちが中心になってるのも、居心地のよいラフさがありました。
今回で2回めのモノステージは、まだ発展途上のような部分も含めておもしろくて、これからが楽しみです。
土日に開催しているのも、珍しいんじゃないかな??業界関係の人だけでなく、色んな方が来られたら楽しめそうです。

こんな場所あった??というくらい、普段は通らない、意外な場所から降りて行きます。
小さく奥にみえる、トンネルみたいな所が会場です。
b0128232_1835316.jpg













迷わないように、目立つタイルがご案内☆
b0128232_18354016.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-10-01 18:37 | smile