靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
伊勢丹サロン・デュ・ショコラ
伊勢丹で行われている、年に一度のチョコの祭典“サロン・デュ・ショコラ”に行ってきました。
といっても、目的はチョコではなく、会場に通訳できていた知人に会いに、です。
スイーツにはそれほど情熱をもたないもので初めて行ったのですが、人、人、人、、の熱気にびっくりしました。たくさんのショコラティエが来日し(知人は、その通訳をする仕事でした)、たくさんのブースがでて、特設のカフェや展示があって。知人を探しながら会場を何度もまわって、熱い雰囲気に圧倒されました。
これ、みんなチョコなのです。食べ物というよりも芸術の域ですね!
b0128232_9563225.jpg

b0128232_9564516.jpg

さて、その知人とは。去年、同じく伊勢丹でのシャンパーニュイベントでも通訳をしていた方で、その場で意気投合して名刺交換をしていたのですが、今年になって、一緒にとある旅をできたらしましょう、とメールでのやりとりをしている近頃なのです。
カオを合わせたのはまだ二度め、それも数ヶ月ぶりでしたが、久しぶりに会えてキョリが一気に縮まったようでした。
メール、ネット、、便利だけれど、生の感触は強いです☆
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-30 08:24 | smile
個展めぐり 2012初春
年に2回の革、靴資材の各お店の個展に行ってきました。
取引先デザイナーさん達に提案するものを探しに行くのだけれど、今、世の中でこれが流行っているという視点より、自分がこれが気になる、というものを選んでいるので、一通り回った後では今の自分、の一部分が客観的にみられる感じもおもしろいです。
今回も(この流れが数シーズン、続いている)、きらきらしているものにひかれてました。
b0128232_1015540.jpg
b0128232_10152296.jpg

こんな、オリジナルメイドな加工も気になります。自分でできたら、いいのになあ。。
b0128232_10161988.jpg


雪が降って数日たちましたが、陽のあたらない場所では、まだ、しっかりと雪が残っていました。
職人さんを訪ねて歩く道は細い裏通りが多く、そのほとんどは日陰でとっても寒いのです。
b0128232_9381869.jpg
b0128232_938371.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2012-01-27 09:38 | good job
ルネ・ラリック展
伊勢丹でのルネ・ラリック展に行ってきました。
美術館ではなくアートスペースでの展示で、売り場の一角という感じで、ぐるりとすぐ見終わってしまうボリューム。。でも、普段はお店に並ばないような作品をみられてよかったです。
b0128232_0133851.jpg

こんな本も買いました。
有名な名所だけでなく、内装を手がけたレストランなど知らなかった場所や、ラリックゆかりの場所や建物、意表をついてパリ本店など、街なかで見られるラリックについてガイドされているので、楽しい発見が多そうな本です。
b0128232_12374258.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2012-01-25 12:38 | smile
大寒の日
1月21日は大寒です。
今までも時々は耳にしていた言葉ですが、今年の寒さは、本当に大寒という言葉通りなんだなあ、と初めて実感したくらい。昨日から雪、みぞれ、雨の中をあちこち動きまわったのもあって、すっかり体が冷えてしまいました。
こういう夜はおとなしく、家の中で小さな用事を片づけてすごします。

みぞれまじりの雨の中、浅草で撮った木々の写真は色鮮やか。凍えそうな中で一瞬、見とれました。
b0128232_2314446.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2012-01-21 23:20 | good job
初春☆マドモアゼル会
今年の1回目のマドモアゼル会にいってきました。
マドモアゼル朱鷺さんの講座で知り合った数人ではじめた“マドモアゼル会”ですが、始めた年を0(ゼロ)とカウントして、年が変わるごとに1つづつ数字があがっていってるのですが、今年は7になりました。もう7年目、、早いものです。
b0128232_10513064.jpg

それぞれの近況報告や楽しい雑談をして、最後にお互いにタロットで占いあうのですが、私は、最近とびこんできた少々突拍子もないプランについて、を占ってもらったらこんなカードが並びました。
そのプランはわくわくすることですが、まだどうなるか分からないもので、実現するのもしないのも天にまかせたような心持ちでいるのですが。。いいカードも、問題になりそうなカードもでているのを見て、雲をつかむような話というレベルから、少し現実味をおびてきた気がします。
さて、本当にどうなるのかな??
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-17 01:26 | smile
そして、地元でも
今年はもう、何回か初詣をしているのですが、この数年、新年にお参りしている神明宮に行かない訳には行かない!と、短い時間ですがご挨拶にいってきました。
b0128232_18292783.jpg

見慣れている鳥居をくぐる時は、安心します。
b0128232_18323189.jpg

いつもはない、厄除ののぼりが並ぶ様子は新年ならでは、です。

今年は色々なチャンスがやってくる、忙しくなる、と占いに書かれてることが多いです。できればのんびり、いつものペースでやっていきたいなあ、、というのが本音なんですけれど。でも、やってきたものにちゃんと向かいあえますように。とお願いをしてきました。
そして、今朝は今年を含めて5年分、1年ごとの目標を書き出してみました。
書き終わって、5年前に書いたものをみると、なんと、あまり内容が変わっていなくて。成長していないともいえるし、やりたいことがぶれてないともいえますが。こんな感じでやっていきたい、というイメージは、仕事もプライベートも、自分の中では変わらないみたいです☆
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-11 12:11 | smile
亀戸の昼と夜☆
亀戸に行く用があって、せっかく年始なのだからと亀戸天神へお参りに行ってきました。
有名な亀戸天神ですが、実は行ったのは初めてです。池あり、藤棚あり、橋があり、小さいながらも楽しめるいい雰囲気の天神様でした。
b0128232_1134788.jpg

いつもは浅草から見上げているスカイツリーを天神様の橋の上からパチリ。
b0128232_17391117.jpg

そして、その用事とは。私のスキなバンドの“CALIFORNIA LOVERS”が、亀戸のライブハウスのレーベルからCDを発売する予定なのですが、それに合わせてのプロモーションビデオの撮影にお客のエキストラとして参加してきたのです。楽しかった!
アルバムの発売は3/14ですが、とっても待ち遠しいです☆
b0128232_14331931.jpg

いつもにましてファッショナブル!なメンバーさんとパチリ。
b0128232_13372160.jpg

撮影が終わった後のステージは夢の跡みたい。。

年始早々に地元の神様にご挨拶できて、この地ともよいご縁ができそうだなあ、と感じるのでした。
ご縁のある人や場所が、年をかさねていくたびにふえていくのは、やってきたことへのご褒美のような気がします。ありがたく思い、大事にしていきたいです。
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-09 17:31
新年の浅草
お正月はしっかりお休みしたのですが、年末ぎりぎりに新しいサンプルを頼みたいと話だけきいていて、年が明けてこちらに戻ってきた日に資料を受け取って、と、年末年始をはさんで仕事がはじまりかけているような、そんな感じでした。
という訳で、年始の初日は挨拶まわりをかねて、メーカーさん、材料屋さんへ早速の打合せへ。浅草のどこからでもよく見えるスカイツリーです。
b0128232_1144917.jpg

とあるメーカーさんでは、サンプル依頼の打合せが一通り終わった時に“仕事きて、よかったね”としみじみ言われてしまいました。心配されてたのかと思うと、ありがたいと思うのと同時に、ちょっとはずかしい。。;

途中、今戸神社待乳山聖天、にも立ち寄ってお参りをしました。
ふだんは通りがかってもお参りのはしごはしないのだけれど、新年、初詣は特別です。そして最後、暗くなる前に間に合うくらいの時間に、いつもご挨拶をしている浅草神社にお参りしました。
ふだんは開かない神輿庫の扉もオープンになって、華やか御姿を拝んだり。
b0128232_1224762.jpg

そして。こんな御守りを買いました☆
黒い生地に黒と深緑の糸で模様が刺してあってとってもシックなものですが、そのまん中の刺繍文字は“大丈夫”!何年やっても仕事でドキドキ、不安になることも多いので、そんな時にはこの御守りから少しチカラを分けてもらいたいです。
b0128232_12254021.jpg

さてこの御守り、どこにつけましょう。
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-07 01:37 | smile
2012
あけまして、おめでとうございます。
2012がよい年になりますように。心よりお祈り申し上げます。

b0128232_118786.jpg

大晦日から実家に帰って、今日、こちらに戻ってくるまではどこへも出かけず、ただただ、のんびりとすごしていました。
その間に、編集者をやっているイモートのだんなさんからこの本をいただいたのですが、ロンドンが舞台の、靴職人さんが主人公のミステリーのようです。
彼の勤務先とは別の出版社からでてる本を、私が靴の仕事をしているのと、本好きということで持ってきてくれたのですが、作家さんも初めて聞く名前ですし、さすが、本のことをくわしいなあという感じです。

のんびりしていたのが、こちらに戻った途端、新しいサンプルの資料を受け取ったり、明日にでもそれを持って浅草で打合せをするように準備をしたり(でも、実際は挨拶まわりの日なので仕事の具体的な話にならないかも…)、慌ただしい時間がはじまりました。
本に没頭できる時間はなかなかないかもしれませんが、あせらず、急がず、じっくりと本の世界を楽しみたいです。
[PR]
by ramzan10 | 2012-01-05 00:55