靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
買い物の醍醐味
愛用しているshu uemura で、クレンジングオイルを買うと他の種類のサンプルをもらえるキャンペーンをやっていて、行ってきました。
shu は何種類ものクレンジングがあるのですが、時々こういう企画があって、他のタイプも試せるのがうれしいです。
ところが、私がメインで使っているクラシックタイプを作っている工場が震災で被害をうけてしまって、ずっと在庫切れのまま、来月入荷するかどうかも未定、というので、発売されたばかりの新しいタイプを買ったのですが、こんなところにも影響があったなんて!
また、ポンプの部分を作っている工場も被害にあったそうで、しばらくは在庫があるけれど、それが切れたらポンプ容器が作れないそう。。その時はレフィル形式での販売になりそうなので、使い終わってもポンプの部分を捨てないでとっておいてほしい、と言われました。
うーん。。他のオイルが混ざってしまうのはいやだから、今使っているポンプと、次に使うポンプと、両方とっておかなくては。

クラシックタイプが買えなかった私に、キャンペーンのサンプル(小さいボトル)の他に、さらにクラシックタイプのサンプル(袋タイプ)をおまけしていただきました。ほんの気持ち、、という感じだけれど、この気持ちがとても嬉しい☆
オンラインショッピングが定着してきても、私はやっぱり、お店で買い物したい派です。
b0128232_9281235.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-04-27 09:27 | smile
ハピバス☆
週末、友達の誕生祝いをしました。
誕生日って、いくつになってもうれしいし、祝うのも楽しいです。

ところで、友達は21日生まれで牡牛座なのですが、占星術師の友達に詳しくみてもらったところ、生まれた時間によっては牡羊座になると聞いてびっくり…!
何時に生まれたかはっきりしないので、あやふやなまま。そういわれてみると牡羊座っぽいかも??いや、牡牛座っぽいなあ、と気になっています。
どちらにしても、ふたつの星座の境目に近いところで生まれたので、両方の性質をもっているらしいけれど、長年、思っていた基本が違うかもしれない、というのはとても不思議です。
b0128232_948371.jpg

フォークで拭ったチョコのシルエットがどことなく、ドラゴン。
b0128232_10552548.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-04-25 08:56 | smile
グレー日和、ときどきカラフル
最近の天気は晴れたり曇ったり。さらに、肌寒くなったり、汗ばむくらい暑かったり。
長い時間を出歩くにはすごしにくい日が多くて、その中を出ずっぱりの日が続いたもので、ちょっぴりお疲れの木曜日です。
色んな場所を通りながらも、のんびり寄り道をする間もなかったせいか、何枚も写真を撮りました。

こどもの城では、鯉のぼりの群れに遭遇しました。晴れた日にはもっと色鮮やかに見えるんだろうけれど、くすんだ景色にカラフルというのもオツな感じ。
b0128232_7591876.jpg

どんより空の中、スカイツリーのてっぺんが雲にかくれるの、初めて見ました。
雲の中にいる気分??、、体感してみたいです。
b0128232_13154377.jpg

今にも雨がふりだしそうな隅田公園で、満開のさとざくら。
普通の桜より、ぽってりとして、名前のとおり里っぽい。いい意味でいなかっぽい。
b0128232_82974.jpg

天気のいい時の浅草で見つけた小さな庭。
b0128232_13285898.jpg


日々の気分は、くるくると変わっていて。
厳しい現実についてもっと詳しく、情報を知りたい時があるかと思えば、心なごむニュースや映像をもとめたり。天気以上に心もうごいています。
今日は一旦リセットして、心を静かなところにおいて過ごします。
[PR]
by ramzan10 | 2011-04-21 13:31 | smile
きょうのおみやげ
春らしい京都のみやげをいただきました。
桜の蒔絵シールは東本願寺オリジナル。“桜の季節も終わるところなのに…”と恐縮されたけれど、来年まで大事にとっておくのも楽しそうです。
b0128232_17295453.jpg

知人は、東本願寺で公開されている井上雄彦さんが書かれた親鸞の屏風絵をみてきたのですが、すごく迫力があったそうです。手がとくに、と言っていたのも興味津々。
京都でも期間限定の公開で、その後は一般はみられないそう。というのも、見たい気持ちが高まります。
何年か後でもいいから、東京でもみられたらいいのだけれど☆彡
[PR]
by ramzan10 | 2011-04-15 18:55 | smile
東京は夜の七時
だんだん日が長くなってきて、6時くらいではまだ明るいけれど、7時になると、あっというまに夜になっている。。昨日は午後のほとんどを浅草で、歩きまわりながら過ごしていたのに夕方をとびこえて気づいたら夜の気配になっていてびっくりしました。
ぼーっと、考えごとをしていたからかもしれないけれど。。

暗すぎてわかりにくいけれど、夜のスカイツリー。
暗い中にほんのりシルエットがみえるのも、ウツクシイです。私のカメラではそれが写らないので残念;
b0128232_8201533.jpg

隅田公園から浅草駅にむかうあたりは、何ともいえない風情がありました。
ちょっとヨーロッパっぽいなあ、なんて。
b0128232_8224232.jpg

必要以上の灯がない、今の景色は、今だけ、かもしれない。
そう思うと、よく知ってる街のことも、しっかり見ておこうって思う。
[PR]
by ramzan10 | 2011-04-14 01:19 | smile
Yves Saint Laurant
イヴ・サンローランの映画試写会に行ってきました。
彼が作りだすファッションのように、華やかで優雅な映画だと思っていたのですが、、
公私ともに長年のパートナーだったピエールベルジェが語るサンローランの人生は、苦しくて厳しい歩みで、彼について何となく知っていたつもりなのに、重い緊張感とともにどきどきしっぱなしでした。
その分、サンローランが発表していく美しい作品や、彼が浴びる称賛、彼が手にしていく栄光が本当に輝かしくて。彼のモードの圧倒的な美しさと強さには、見てるだけで涙が流れました。
普通の人の何倍も、何十倍も、いい時もつらいこともあった彼の人生は、スクリーンを通じてみていても、つらすぎる。でも、見てよかった映画です。
映画の中にでてくる、サンローランの美術コレクションは量の多さ、質のよさ(美術館にあるようなものがたくさん!)のケタ外れさに驚くのですが、それをもっても、彼の心をほんの少しなぐさめる手助けにしかならなかったんだろうなあ、、とため息ばかりでした。
何もかも、に圧倒されっぱなしだった映画です。
天才とよばれる人が数奇な人生を送る話はたまに聞くけれど、彼もまたそういう選ばれた人なのだなあ、としみじみ思ったのでした。
b0128232_20115472.jpg

試写の後、Numero 編集長の田中杏子さんと、アートコレクターの宮津大輔さんのトークショーがあって、こちらも興味深い話がたくさん聞けました。
“昔は、このデザイナーをいいなと思っても服が買えない人は香水などを買ってそのデザイナーの世界を味わっていた。今は、コピーや似てる服を買ったり済ましている。デザイナーがいきにくい時代…”という内容のコメントには深く共感しました。
華やかにみえる裏で、命を削るような思いをしているデザイナーという職業の人たち(そうでない人、がいるのも知っているけれど)が特別でいられない世の中になってしまうのは寂しいです。
現実にユメをもちにくい今だからこそ。
モードが輝ける時代が、再びやってきてほしいなあ…☆彡
[PR]
by ramzan10 | 2011-04-12 02:28 | smile
お疲れさまでした☆
その昔。20歳になった頃に、ハハから1着のコートをプレゼントされました。
おば(ハハの妹)→いとこ(ハハの姉の子)→そして私に。何人もの持ち主、何軒もの家を旅してやってきたコートはまだまだきれいで。傷んでいた裏地だけ、新しく作り替えてもらったものです。
その時ですでに古着だったそのコートは、何年着ても流行遅れというより逆にレトロっぽさが新鮮な雰囲気をもっていて、大事に、重宝に着ていたのですが。
この冬くらいから、裏地、表地、ともにほつれや傷みが目立ってきて、先日とうとう処分しました。
直せばまだ着れないこともないけれど、もう十分働いてもらったことにお疲れさまでした、の気持ちです。

ボタンだけ、外してとっておきました。
こういうのって、結局使わないことが多いんだけれど、、とりあえず。
b0128232_1712718.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-04-07 18:23 | smile
おいしいもの支援
うちでおなじみの紅茶のお店ルピシアで、チャリティー紅茶を販売しています。
20gの袋入り、缶入り、がなんと¥100!
他にも何種類かあって、その中からお一人様2点をえらべます。たくさんの人が参加できるように、と2点の制限をもうけてるのですが、早くも売り切れた商品もあるので、ご興味をもたれた方はお早めにお店にどうぞ。
みんなが参加したくなるチャリティー。なんていい企画なんだろう☆
b0128232_12335320.jpg

福島の若桃の甘露煮、というものを初めて見かけて買ってみました。
おいしそうなのはもちろん、“福島の”というところにもひかれました。
野菜や肉魚…(都内の水までも!)口にするものの安全性についての情報、意見がいろいろあって、どの情報を信じるかはそれぞれの判断、という感じですが。
お店で売られてるものは大丈夫と信じて、これからも積極的に買っていこうと思います。
お金での寄付は、どうしてもできる範囲、限度があるけれど、こういうことなら楽しい気持ちと一緒に、もっと広がれる。ずっと続けられる。
b0128232_12364794.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-04-02 12:47 | smile