靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ほっと一息
地震の日から、牛乳にしばらく出合えなかったのですが昨日、久しぶりに買うことができました。
その間は豆乳でミルクティをいれたりしていましたが、インスタント飲料も活躍でした。

ココアは、妹の旦那さまのお姉さんのスイスのおみやげです。遠い義理、の関係の私にまで!と感激したココアは、濃厚な味で私好み。普通のココアは、鍋でつくらないとダマになるのに、このココアはカップにお湯をいれるてもダマにならないのが嬉しい♪
抹茶オーレは、濃いものを求めてお茶の店で買ってみたけれど、好みよりまだ薄い。。お店で飲むくらいの味をインスタントでつくるのはむずかしいのかも。
b0128232_1856244.jpg

あと、最近ハマってるのがラベンダーのジャムです。
お湯で溶かして飲むと、ほんのり甘くてハーブティーのラベンダーより優しい風味です。最後に残るラベンダーの花が、ジャムの味が濃くてうれしくなります。
b0128232_1733094.jpg


節電を意識して、必要な時以外は出歩かず、かなり地味な生活を心がけていますが、それでも楽しい部分はあると嬉しいです。

先日、荷物を送った塩釜の友達から、さっそくお礼のmailがとどきました。
お店はまだ開いていなくて、生協に2時間並んで卵と野菜が買えたとのこと。加工品、レトルト、、の棚は空だったそうです。
まだガスも使えないそうなので、きっと調理も思うようにできないのでしょう。。加工品、レトルトを中心に送ったのがお役にたてそうで、よかった。
そして、迷いながら送ったケーキやお茶、merciのアクセサリーも思いのほか喜んでくれたのも嬉しかったです。
きっと、この先はまだまだ長いでしょう。
ゆっくりのペースでも、笑顔になれるものを届けていきたいなあ。
[PR]
by ramzan10 | 2011-03-30 18:42 | smile
merci
久しぶりに、昼間の伊勢丹に行ってきました。
普段よりはすいていたけれど、思ったより人も多くて、少しづつ、街も人も元の生活に近づこうとしているみたい。

フランス発の人気コンセプトshop、merciの期間限定shopも見ました。
初日オープンに行列、というニュースを聞いていながらも、時間がたてば落ち着くだろう、、とその日の夕方遅くに行ったら整理券をもっている人のみ、の入場制限で遠目に眺めたお店ですが、やっと入ることができました。
3/9〜15の予定だったのが、今回の震災で次の企画が中止になって29日までの延長となったよう。会期中に地震もあり、何かと影響を受けているmerciですが、売上の利益がすべて、東北震災への寄付されるというmerciメダル、のアクセサリーもありました。
shopオープンの時からモノは準備されていたのでしょうから、急遽、震災のためのチャリティー商品に変更したのかな??
何につけてもですが、思いついてから実行が早いのはすごいなあ、って思います。
また、各場所でおこなわれている善意の行動が一時のことだけでなく、長く続いていくことを願います。

ふたつ買わせていただきました。ひとつは、被災地である塩釜市に住む友達に。気持ちばかりの荷物を明日、送るつもりですが、一緒に入れようと思って。
フランスの文化、味、を愛していた彼女が気に入ってくれるといいなあ。
b0128232_1681734.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-03-27 01:23 | smile
南へ
NODA MAPのお芝居 “南へ”を見てきました。
地震の日から4日間の休演をされて、上演再開した日に野田秀樹さんがご挨拶されたコトバが素晴らしくて。
HPで読んで、その熱いメッセージに感銘をうけていたのですが、私が見に行った日にも同じく挨拶があって、文字で読むのよりもっと、耳から心に入ってきました。
“劇場の灯は消してはいけない”
そう。それぞれの人が、それぞれの灯をともし続けていかなくては、と改めて感じ入りました。

舞台の内容は、地震や天災がモチーフででてきたり、現実とのシンクロを感じながら、見ていました。
重いテーマでしたし、見終わったあと、もやもや考えてしまう話でしたけれど、見てよかったです。チケットを手にしてから、見に行くことを当たり前のように予定していましたが、その当たり前の一つ一つに感謝するような今の状況の中で、見に行けたことが本当にありがたく思いました。

写真はおとといの、スーパームーン
神秘的なものに興味がある人たちだけで話題になってるのかと思ったら、科学ズキな人たちにも注目されているようで。意外な人が詳しかったりで、おどろきました。
ウツクシイと思うのも、妖しいと思うのも。どちらも同じ月なのです。
b0128232_1285178.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-03-22 00:52 | smile
そろそろ、動きだす
東北のことばかりに目がいっていましたが、ふと、茨城の知人が気になって遅ればせながらメールを送ってみると、とても元気なメールが返ってきました。
知人は学習塾を経営しているのですが、授業も再開していて、“こんな地震にゼッテー負けネエ!ってかけ声かけて、窓にみんなへのメッセージ書いて貼ってる”とのこと。
水がでないのでお風呂に9日間入ってなくて、洗濯できないから着替えしてない、って書いてあったけれど、東京や埼玉の私たちのまわりよりも、とってもパワフル!
逆に元気をもらいました。

昨日は妹から、都庁に救援物資をもっていったとメールがありました。
いっぱい物資の山でびっくりした、とのことでしたが、何かしたい、という気持ちの人が多かったのでしょう。
石原都知事については、同意できないことも多いのですが、猪瀬直樹さんのブログ、twitterをみていると、やはり行動、決断が早い。すがすがしいくらいです。
自分がもやもや止まっているからこそ、動いている人がまぶしくて、こちらでもパワーをいただく感じ。
http://www.inosenaoki.com/blog/2011/03/post-5.html

私が長年、援助しているプランジャパンでも、今回の震災の特別プロジェクトをはじめました。
プランジャパンは、プロジェクトが終了した後には活動内容の報告を送ってくれるので、参加した人も、寄付した後からも実感ができるのがいいです。
どこかへ寄付をしたいけれど、どこがいいか迷われている方はご参考までに。
http://www.plan-japan.org/topics/news/110315jishin/

寄付関連に、色んな方が動かれていて、それが当たり前のような流れになっているのも今までと違ってきてるかも。
アパレル会社が衣類を、化粧品会社が水がなくても使えるシャンプーを、、それぞれの得意分野で援助に動いているのも頼もしいです。
直接の寄付ではなくても、チャリティー商品を買ったり、色々な形で援助ができるので、その人に合ったことをしていくのが一番だと思います。
今だけ、ではないことなので、ゆっくり動くのも一つの形です。

地震で、うちで壊れたのは砂時計ひとつだったけれど、心の中もどこか止まっていたみたい。
私もそろそろ、いつも通りに近づかなくては。
b0128232_9462935.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-03-20 10:21 | smile
これからの課題
ずっと前に、展示会で頼んでいた春夏の新作服が今日、届きました。
いつもなら嬉しい瞬間ですが、あまり気がのらず、、まだ箱を開けていません。
送ってくださった会社も、普段通りのことをしているだけですが、私がまだ、普段通りになれてないみたい。
どんな時も、ファッションはパワーの源と思っているはずなのに。いけないいけない。

話題かわって。
今月から引っ越した職人さん(以下Rさん。先日書いた、大家さんとトラブっていた方)が、今月に入ってから入院していることが、一週間前くらいにわかりました。
どうやら前の現場での色々で疲れてしまったらしい、ということ(無関係の私までぐったりしたくらいです。当事者でしたら尚更でしょう!)。そして、入院していることを教えないでほしい、と言っている、とこっそり、新しい仕事場の方に教えていただいたので、気長に退院を待っていたら今日、Rさん本人から連絡が入りました。
どうやら入院が長引きそうだ、と公衆電話からで。近々、私がRさんに紹介した知人、からRさんに支払いがあるので、入院先を知人にもしらせてほしいとのことでした。
言われたとおり、必要な連絡は一通りしたのですが、私もやっぱり気になります。
明日にでも行ってみようかな。

がんこ職人なRさんが入院しているのも。あの大きな地震も。その後こんなに色々な問題が山積みになっていることも(むしろ増えてるような…)。
全てが今まで想像もしなかったことで、どれもがうまく受け入れられてません。
これからどう向き合っていくか、が大きな課題なんだろうなあ。

b0128232_19415785.jpg

見慣れてきたスカイツリーを見て。
当たり前の毎日、が当たり前に続くのって素晴らしいこと。と今さらながら、しみじみと。
[PR]
by ramzan10 | 2011-03-16 23:57 | smile
みんなが笑顔になりますように☆
3月12日には天王星が牡羊座に移動、、ということで、どんな(Positiveな)驚きがあるのかと思っていたら、前日の11日に史上最大の地震がおきました。
私にとって初めての体験で、恐怖、不安、そして安堵と感謝と、いたたまれない思いと。いくつもの感情をこの数日で入れ替わり立ち替わり経験しています。
ちょうど家にいたのと、うちが2階で低かったのと、で東京にいた人の中で被害も影響も少ない方だったと思います。家族知人と早い段階で連絡がとりあえたのも、幸運でした。
その幸運に感謝すると同時に、今も不安で厳しい状況にいる方が、少しでも早く安心できますように。心から、お祈りしています。

この数日、ラジオを流しながらネットで情報を検索していて、ほとんどパソコンの前に座っています。特に参考になったのが、
石井ゆかりさんのブログtwitterではきめ細かい役に立ちそうな情報があり。
坂本龍一さんのtwitterには海外目線での映像、情報が。
そしてご縁のある、FRAPBOISデザイナーSさんのtwitterで、Sさんが被災地出身のことを知り、人ごとではない思いでことあるごとにチェックさせていただいていました。

ネットの中を漂っているうちに辿り着いた、昨日、開通した九州新幹線のCMが、希望と笑顔にあふれていて。今回の被災地の方のエールのようであり、また、被害にあったのもCMにでてくるような日本の風景だったんだろうなあ、と。じんわり切ない思いで見入りました。
被災地の方が、笑顔を取り戻せますように。
案じる人たちも、涙よりも笑顔をうかべられますように。

[PR]
by ramzan10 | 2011-03-13 20:37 | smile
夜空にキラリ☆
久しぶりに廻り道をして、浅草寺のライトアップをみながら帰ってきました。
夏の夜景もいいけれど、寒い時期の方が厳かな雰囲気が増しているような気がします。
b0128232_20472326.jpg

人がたまたま写り込まなかったせいか、浅草寺じゃないみたい。。
(ほんとは人出もあったのですが、たまたま撮れた瞬間でした)
きれいすぎて、嘘っぽくも見えて、何度もシャッターをおしました。
b0128232_20473868.jpg

ところで。
ふと気になって、以前のブログをみたら2年前の3月13日にも浅草寺のライトアップ写真のせてました。ライトアップは年間通してやってるはずだけど、なぜか、同じ時期。。
ちょうど仕事のピークが一段落して、寒さも落ち着いて、、ということ??などと分析するのはやめて、きれいに見える時期に自然にひかれたんだわ、と思うことにします☆彡
[PR]
by ramzan10 | 2011-03-08 20:50 | smile
春の予感
2月は本当に、たいへんな時でした。
生産をすっかり任せていた人から、手遅れの段階で全てを報告されたのが1月の最終週。
現場がパンク状態でうちの仕事に取りかかれない(!)というので、私の知り合いの職人さんを紹介することになって。基本、生産の細かい内容まで関わらないスタンスでしたが、そうも言ってられなくなり。。

両者をこれから紹介する、という時に一方の方の身内にご不幸があって、数日の間、連絡もとれない状況から始まり。
快く請け負ってくれた職人さんが、実は体の不調でご自身では作業ができなく。。
(というのが、頼んだ後から分かったり)
結果的には、その職人さんの隣で仕事をしている別の職人さんにお願いしたのですが、本人からは頼まない、相談しない、、で、こっそり根回しをして、まわりの人たちでひと芝居を打ってまで段取りを組んだり。
(ばかばかしいとは思うけれど、職人さん故のプライド??と解釈)
職人さんと、作業場の大家さんとのトラブルで、あまり話をしたことのない大家さんから、カオを合わせるたびに職人さんへの不満、グチ…色々なことを聞かされたり。
(私への不満ではなくても、ネガティブなものをぶつけられて、こわかった;)
その結果、職人さんが2月末で立ち退くことが急に決まって、やりかけの仕事に支障がでないか、引越先はどうなるのか、直前までやきもきさせられたり。
室内なのにコートが脱げない寒い現場で、ときどき大家さんがやってくる雰囲気のわるい中、仕上げを手伝ったり、梱包しながら、終わりがみえない気分に陥っていました。
先日のトークイベントで、落ち込んでる時、悩んでる時へのアドバイスで“わるいことを集めない、並べない”(他にもありましたが、省略)と聞いたばかりなのですが、その最中は“また、こんなことが…”と並べ上げていたものです。

これは自分ではどうにもならない試練の時で、ただ、手抜きをしないでむきあっていくしかないなあ、、と思いながら、連日、現場にむかっていたのですが、季節が春にむかうにつれて、自然に、このつらい時期をぬけていってるみたい。
先日の試写会+トークショーも、試練の後のごほうびのような気がしています。
今はここちよい解放感を実感しながら、春の予感を楽しんでいきたいです。

南千住から浅草方面に10分ほど歩く、清川の細い道沿いでみつけた梅たち。
b0128232_10112147.jpg

[PR]
by ramzan10 | 2011-03-06 12:00 | good job
塔の上のラプンツェル
“塔の上のラプンツェル”の試写会+かねてから大ファンの、石井ゆかりさんのトークショー、というユメのようなイベントに行ってきました。
会場は、真っ赤な壁が自動ドアですーっと開いて、、始まる前からスペシャルな気分♪
b0128232_11879.jpg

10年以上ぶりのディズニー映画、そして3D初体験だったのですが、技術の進化にびっくりでした。
ふわふわ飛んでいるものがとってもリアルで、思わず手をのばして掴みたくなったり。
どきどきわくわくして、手に汗にぎって、涙ぐんで。
映画というよりまるで、ひとつのアトラクションみたいでした。
ディズニーランドやシーに行った時のようなキモチが味わえる映画です。
自分の中の、そういう部分が最近ずっと眠っているかも、、という方に特におすすめしたいです。

ポスターは何パターンかあって、こちらもステキ。
b0128232_11333819.jpg


そして、石井ゆかりさんのトークショーもとっても充実の内容でした。
色々な興味深いお話を聞けたのですが、特に印象に残ったのが、“塔の上のラプンツェル”の公開日の3/12(土)はちょうど、天王星が牡羊座に移動する日、だということ。
7年かけてひとつの星座をゆっくり動く天王星は、革命、ブレイクスルー、の意味をもっていて、どの星座の人にもそれぞれの影響があるのだそう。
会場の時間が迫っている中、各星座別に一言アドバイスをくださったのも、サービス精神あふれるお人柄が伝わって、ますますファンになりました。

私を取り囲む現状は気に入ってるけれど、変化、改革、はいつでもwelcome☆
帰り際にどきどきの予感をいただいて、本当に素敵なイベントでした。
石井ゆかりさんをはじめ、昨日お会いした方、すべてのこと、に感謝です。
[PR]
by ramzan10 | 2011-03-02 09:03 | smile