靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
静かに、そして着々と。
時間はすぎていきます。
目の前のことをこなしている時には、まわりに気づく余裕がなかったりするけれど、その隙に、あちらこちらで変化は、着々としていて。
来年は、もっと余裕をもって、ひとつひとつを丁寧に関わっていきたいなあ。
そんなことを思う、2010年最後の日です。

浅草で、仕事おさめの日の夕方みたスカイツリー☆
来年はもっと完成に近づいた、違う姿を眺めるんだなあ、、としみじみ。年の瀬センチ。
b0128232_12583917.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-31 12:58 | smile
年末のお参り
今日もまた浅草ですが、仕事おさめの人、会社も多い中、慌ただしく動く予定。。
でも昨日はゆっくりできる時間があったので、今年の感謝の気持ちとともに浅草神社へお参りに行きました。
2010年は、仕事もプライベートも穏やかな、よい年でした。
進行中の仕事では、いつも、気がかりを抱えながらの日々ですが、終わったものを振り返ると、ぶじに乗り切った実感があります。
来年の今頃も、同じような気持ちでいられるといいなあ。。☆

遅く来ると、扉が閉まっていることも多いのですが、昨日はまだ開いていて。
灯に照らされた神社の奥を見られるのは滅多になくて、厳かな気持ちになりました。
あと数日。やり残したことがどこまで片づけられるのか??がんばってみます。
b0128232_8555442.jpg

b0128232_8521353.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-28 08:48 | smile
再生・再創造展
毎度ながら駆け込みで、「REALITY LAB 再生・再創造」展に行ってきました。
てっきり先週までと思っていて、時間があいた時にいってみたら休館日で。。あきらめていたら26日までやっていると分かって、これはもう!と勢いこんでのぞんだのでした。

展示の内容もあまり把握していなくて、なんとなく“三宅一生さんの作品展”(服飾展)をイメージしていたのですが、三宅一生さんがディレクションをした、今だからこそ見つめ直して考える、色んな角度からの再生、再創造の展示でした。
時間もキョリも想像を超える隕石たちから始まり、火星儀、古代クメールのリンガ。
ファッションやアートというより、研究、開発、という言葉で表現されるような再生された糸、生地、衣服。バラバラの展示物たちを見ているうちに、遥か古代から未来へと続く壮大な時間と、その中で小さな人間の存在を実感して、何ともいえない切ない気持ちになりました。
でも、そこには未来を信じている確かなものがあって、私という小さな存在も、自分なりに考えてすすんでいくしかないんだなあ。。と。
詳しく展示内容を知っていたら、行こうと思わなかったかも??というくらい、私の未知の世界がならんでいたのですけれど、行ってよかった。こういうのを出会いもの、っていうのかなあ。

会場はミッドタウンという人口の町の中につくられた自然の景色の中に、突然あらわれた無機質な建物。存在自体がおもしろいです。
b0128232_18584538.jpg













日が落ちてライトアップされた景色も素敵。木々の向こうは青山方面のビル群です。
b0128232_18585573.jpg













そして建物前の広場では、大掛かりなイルミネーションもありました。
三脚持参で撮影している人も多かったので、有名なのかも??私もつられて、パチパチ何枚も写真をとったのですが、光が駆け回りながら色や、絵柄をかえていく最先端イルミネという感じで見ててあきなくて。ぼーっと眺めながらさっきまでみてきた展示のことを考えて、いい時間になりました。
b0128232_2040841.jpg
b0128232_20272173.jpg
b0128232_20291980.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-23 21:01 | smile
桜イルミネ
浅草の一葉通りがピンクのイルミネーション、、と思っていたら、冬の一葉桜まつり、という企画のようです。
春は桜並木のこの一葉通りは、一本一本の木が少し離れてるので、なんとなくまばらな印象なのですが、盛り上げようと地元で色々やってるんだと知って私も応援したいキモチになりました。
それにしても冬にも桜なんて。斬新アイディアでイイナ☆
b0128232_15584885.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-22 01:02 | smile
newお気に入り
渋谷での打合せの後、少しだけ街あるきをしました。H&Mからデパートまで色々と。
久しぶりの渋谷も、街歩きも、楽しかった!
あまり不精をしないでもっとこういう時間を作らなくては(同じようなこと、前も書いたような…;)。

そして、実はお目当てのお店もありまして。
気になっていながらまだお店がなく、実際に見る機会がなかったブランドがあって、そこが期間限定shopをだしているということで、行ってみたのでした。
どんなものか見るだけのつもりが、とても私好みの服たちがあって。試着をしたらすごく気に入って、思わず即買いに=3
この数年、服を買う店がほとんど決まっている私にとって、久しぶりの衝動買いです。
それでも、スカートとワンピースを両方、買いそうになるのをぐぐっと踏みとどまったのでした。新しくお気に入りをみつけた時は、どきどきテンションがあがります。
12/26まで、渋谷西武のA館4Fのセレクトコーナーにて、出会えます☆

Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.という意味深なブランド名が、そのまま印刷されたポストイットをいただきました。使うの、ちょっともったいない。。
b0128232_1150997.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-17 00:55 | smile
repair:修理
お気に入りのzuccaの時計のベルトが古くなっていたのですが、捨てるにはしのびなくて。もう少しだけ、、と思いながら使っていて、ふと調べてみたところ、お店でベルト交換をしてくれることを知って、交換の修理をしてきました。

預けて待つこと3週間、ぴかぴかのベルトになって戻ってきました。
つけていた時は、ぼろぼろも愛着のうちで気にならなかったけれど、こうやって並べてみると信じられない痛みぐあいです。もっと早く修理の相談をすればよかった!
最初からお店で聞けばよかったのだけれど、なぜか交換はムリだと思い込んでいて。ベルトがだめになったら、時計が健在でも寿命なのかと思っていたのですが。。
修理しただけなのに、新しいプレゼントが届いたようで嬉しいキモチです☆
b0128232_1243581.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-14 09:51 | smile
もうすぐ
X'mas☆街はディスプレイやイルミネーションで賑やかですが、三ノ輪にある、自然派shopのウインドウは、ほっこりぬくもり系。
b0128232_16114172.jpg













そして、浅草五丁目の、住宅地の中にひっそりとある和装小物やさんでは一足早く、新年の装い。
どちらのお店のディスプレイも、そのお店らしさが伝わってきていいなあ。
同じ日に、ふたつの季節を感じられるのも、この時期ならではの楽しみです♪
b0128232_4155122.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-11 01:09 | smile
師走に入って
仕事もプライベートも、年末に向けて慌ただしい時ですが、早くも来年秋冬シーズンの企画の打合せがありました。
担当の方と“段々と、早くなってきている…”という部分でも、深くうなずきあっていたのですが、本当に早い!
革や資材の秋冬展示会(一般のお客様向けというより、企画をするメーカ−向けのもの)が1月にあるのに、さらに製品企画が先行していくサイクル、、どこまで進むのか気になりながらも、振り落とされないようにしなくては。

ラリックのX'masオーナメントは、毎年、この時期だけつけるアクセサリーですが、寒さの厳しい今日、とうとうだしました。
ハートに天使、というモチーフだけでツボなのですが、ラリック独特の風合いは、冬の肌にとても合う気がします。
ラリックでは毎年、限定オーナメントをだしていて、コレは1996年のものです。
14年前の私が、背伸びして買ったモノを、今の私もわくわくしながら大事に思えるのって、何だかステキ。
素晴らしいモノは時を超えて変わらないんだなあ、というのも毎年、感慨深く感じます☆
仕事で関わるのは流行デザインの靴ですが、それでも、長く、大事にされる靴にしていきたい。。これはいつも、本気で思うことです。
b0128232_10282916.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-08 12:49 | good job
Because I am a BAG
bag類はたくさん持っているので、最近は買うのを自粛をしているのですが、久々にこの秋に買ったのがこのbag☆
b0128232_18191925.jpg













セレクトshopのDEUXIEME CLASSEと革製品で一流のJ.M.DavidsonとイラストレーターのFILIPE JARDIMという豪華な顔ぶれと、プランジャパンとのコラボチャリティーbagです。
ひとつ買うごとに、¥1000がプランジャパンの途上国の女の子を支援するプロジェクト“Becaouse I am a girl”に寄付されるのですが、“売上の一部を”というのはよく聞くけれど、こうやって値段が明解なのがよくて。そして、チャリティーなど意識しなくても欲しくなるくらい、さすがのセンス、素敵です。
人気shop,人気ブランドのコラボのため、すぐに売り切れてしまったのですけれど、ファッションとして興味をもった人も、プランジャパンから知った人も、それぞれの知らない部分に興味をもつきっかけになりそうで、とてもいい企画だと思います。
bagの中には、途上国の女の子がハンデを追いやすい状況を分かりやすく書いたものが入っています。日々、女子に生まれたことを幸せに思っている私にとって、女子に生まれたせいで不幸(女の子だから、、学校に行かなくて家事に追われていたり、食事が最後の残り物だったり、暴力や人身売買や、戦地での誘拐にあうリスクが高かったり)だなんて、いたたまれなくなります。
ファッションを、女子でいることを、楽しんでいる人たちにもこの現実を知ってもらえますように。時々、、でいいので、この企画が継続されたら嬉しいなあ☆

パキスタンの長男くん(10歳)と7年、カンボジアの長女ちゃん(9歳)と2年、プランジャパンを通じて交流をしていますが、つい、自分のことだけにかまけがちな中で、彼らの存在を思っては豊かなキモチになります。
b0128232_18235054.jpg













左は長女ちゃん。美人さんで、おしゃれさん。
長男くんとご縁ができた頃は、まん中の写真の頃でまだ赤ちゃんだったのに、、今は右の写真のようなりりしい男子になりました。
ふたりとも、まだ文字が書けません。代筆の手紙や、絵が届くたびに、ほほえましいのと同時に切ないキモチにもなります。
行ったことない国も、自分の縁ある人がいる、と思うとどんなニュースも人ごとではなくなります。
まずは、みんながそう思うことで何かが変わる、最初の一歩かなあって思います。
[PR]
by ramzan10 | 2010-12-03 12:54 | smile