靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
カンパイつづき
最近、おいしいカンパイが続きました。

まずは伊勢丹で恒例の、“ノエル・ア・ラ・モード”がありました。
数十ブランドのシャンパーニュが集まる、大きなイベントですが、いつも楽しみにしているのが場内の特設BARです。
今回はHEDIARD(伊勢丹地下にある、紅茶やパンで有名なお店)の4品と、おすすめのグラス3杯で¥3150。
去年は料理3皿+1杯で同じ値段で、シャンを楽しみにしている私には魅力を感じられず見送ったので、2年ぶりでした。
シャン3杯を自分で選べる年があったり、値段があがってきたり、、少しづつ変わってはいるのですが;来年も行きたくなるような内容のまま、続きますように。
女友達と昼からシャン♪とっても贅沢な時間でした。
b0128232_937212.jpg













ここでは、試飲も楽しい時間です。
通りがかるだけでほいほい試飲をすすめられる訳ではなく、ブースの人と会話をして、それから試飲をさせていただける、という感じなのです。会社の方針なのか、ひとしきり、会話がもりあがっても試飲をすすめられないブースもあります。
声をかけるのがめんどうと思う人もいるかもですが、この、かけひきっぽいやりとりもスキです。
もちろん、ただ飲むだけでなく、試飲して気に入ったものの中から(やはり、試飲していないモノは買えません!)どれを買おうか迷うのも楽しい時間。
今回は、この繊細ラベルの1本をお持ち帰りしました。
b0128232_10535662.jpg

















そして西荻Feveで、妹夫婦と、来月入籍予定の友達カップルと、いつもの仲間と、7人でお食事会。味はもちろん、満足のボリュームでも人気のビストロは大人数で行く方が楽しいです。
カラフルで迫力の前菜に食欲もそそられて、みんなたくさん食べて、飲みました。
b0128232_9524013.jpg













風刺漫画のようなラベルのワインは、白も赤もくっきり、しっかり味でした。イラストがヨーロッパっぽい雰囲気だと思ったら、オーストラリアワインだったのが意外。。
b0128232_9543820.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-29 12:17 | smile
ひとはなぜ絵を描くのか??
日比野克彦さんの個展、その名も“人はなぜ絵を描くのか”に行ってきました。
まさにシンプルにして永々の問い、のようなタイトルですが、会場には答えのでないクエスチョンのような、答えのいらない絵がたくさん展示されていました。
日比野さんが色々な国に行って描いた絵があって、その国の様子がわかる景色のような絵は一つもないのだけれど、その国で日比野さんが感じたキモチ、温度、が伝わってきて。写真には映らない何か、を独特の、あの親しみのある線で描かれているのが、きゅんと響きました。
b0128232_3325639.jpg













会場は3331という、アートスペース。
旧練成中学校を改修したという建物、下駄箱がそのままチラシ置き場になっていたり、各教室がそれぞれの展示スペースやオフィスになっていて、文化祭を見に行ったような気分になりました。
別の部屋では丁度、YMOの写真の展示があったので、ふらりと寄り道したのも複合スペースならでは、で楽しかったです。
ほか、今回は立ち寄らなかったけれど、売店や食堂もあるので、今度は時間のある時に食事もしてみたいです。

ちなみに。名前の3331の由来は江戸一本締めから、だそうで、そういう感覚もお目出たいし、おもしろい。
おもしろいことを考えて、やってる人、いっぱいいるんだなあ☆
b0128232_3324844.jpg
3331の外観は、まさに学校そのもの!
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-27 16:48 | smile
FLEUR DE BOUDDHA
“Fleur de Bouddha”(ブッダの花)というステキな名前のお茶をいただきました☆
ブッダというと蓮の花??と思いながら、お店にTELで聞いてみたけれど、すぐには分からなくて、、やっと分かったと思ったら、日本で未発売の種類でした。
海外みやげだったのかな??さり気なく渡すあたりが、彼女らしくもあり、ココロ憎い。
ジャスミンの工芸茶ということですが、お湯の中で花が開く工芸茶は、飲む時がまた楽しみです♪

この、Mariage Freresという紅茶のお店は、ちょっと敷居が高い雰囲気(でも、すごくステキ☆)で自分で買い物はしたことがないけれど、何となく心に残るタイミングでここのお茶をいただくことが、今までに何度かありました。
お店の方の“貴重なお茶ですから、大事に飲んでくださいね”と言う言葉も、自然で暖かくて好感度がさらにUPでした。
今度、自分用にではなく、プレゼント用に買い物デビューをしてみようっと。

b0128232_18472294.jpg繭のような形から花が開くのは、ミラクルです☆
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-26 12:11 | smile
尾花
南千住の隠れた名店、うなぎの老舗“尾花”に行ってきました。
うなぎを食べるのはもう、何年ぶりかも。。うなぎってスキだけれど、親戚関係のイベントや、浅草の仕事関係の人に連れていっていただく以外、なかなか機会はないものです。
注文してから調理をするので長く待たされる、ということでも有名なお店なので、その間におつまみを。うざく、初体験でした。
b0128232_19515585.jpg













そして、うな重。迫力の見た目でしたが、重くないのでしっかり完食できました。
こんなにお米をたくさん食べたのも、久しぶりかも。
滋養が体にしっかりチャージされた感じで、たまには、こういうごはんもいいなあって思います☆
b0128232_1952824.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-24 01:26 | smile
お酉様
ニの酉に、花園神社へ行ってきました。夜のお祭り、の賑やかしい雰囲気がスキなのと、行きやすい場所なのと、で、かれこれ3年くらい連続で行っています。
(浅草の鷲神社が有名ですが、夜遅くに行くのはちょっとたいへん。。;)
b0128232_14332669.jpg













他のお酉様に行ったことがないのですが、花園神社ではこんな感じに、シートで細い通路がくねくねと作られていて、探検してるみたいなのが楽しいです。
そして、特設の食事処が並んでいて、お酒を飲みながら暖をとってる雰囲気もスキ。
b0128232_1435335.jpg













お酉様といえば“熊手”ですが、いつも見るだけ。。来年の干支のうさぎ、が飾られたかわいらしい熊出もいっぱいでした。
行ったのが遅い時間のせいか、ニの酉だったせいか(やっぱり一の酉が盛り上がるらしいです)、わりと人は少なかったかも。。
熊出を誰かが買った時の“ヨヨヨイ♪”のかけ声もあまり、聞こえないのがちょっと寂しかったけれど、それでも、“1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う”お祭りで、一足早いけれど、今年の〆のような気分になりました。
今年も、またお参りできたことがハッピィなんだなあ、って思います。
b0128232_14364793.jpg
華やか〜☆
楽しい気分になります。
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-20 10:13 | smile
解禁の夜に 10'
今日はボージョレーヌーボーの解禁日です。
が、ちょうど日付が今日になった頃、なんとなく行ったのはなじみのイタリアンの店でした。ワインもイタリアのものばかり、、なので、当然、ボージョレーはありません;
わざわざ外した訳ではないけれど、たまにはこんなタイミングもあります。

そこで、いただいたワインが、私好みの重すぎず、軽すぎず、酸味もあまりもなく、ふんわり柔らかい雰囲気でした。久々のヒットです☆
ラベルの絵も、古いヨーロッパの絵のようで、どことなく日本画にも通じるような、ステキな世界。
解禁を祝うお祭りムードには参加できなかったけれど、これはこれで、よい出会いものだったのでラッキーということで、、カンパイ♪
b0128232_1427439.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-18 12:15 | smile
秋の靴トーク
週末は、オーダーメイド靴の工房を開いている友達が、恵比寿のshopイベントにくる、、ということで、訪ねてきました。
この友人Tさんとは数年間、週に数回のペースで浅草で会っていたのですが、その後、お互いに浅草にでるタイミングやペースが変わって、会うのはかなり久しぶり!
たまにTELやメールで連絡をとる時は、相談やまじめな話をするのに、いざ会ってみると他愛のない話ばかりになりましたが、そういうのが懐かしくて楽しかったです。
また、フリーで仕事をはじめた当時と比べて、その頃は頼りなかったカオつきが変わったと言われたのが嬉しくて☆たくましく、成長していってるのなら、いいなあ。

そのshop、リファーレさんは、靴の修理と販売をされている、靴の専門店です。
私と同じ、OEMの仕事をされている方と、少しの時間でしたがお話もできました。
靴業界の人とは日々、たくさん会うけれど、同じ仕事の人と会うことはあまりないので、これも楽しいひとときでした。

ちなみに。リファーレさんに行くのは初めてで、地図をみながら探したのですが、ふと気づくと、以前に友達に紹介された感じのいいビストロのすぐ並びでした。
食事に来た時は気づかなかったのに!何ごとも、出会うべきタイミングで出会うんだなあ。。

久しぶりに履いた、グッドイヤー製法の靴。
秋にはこういう、革靴らしい革靴、を履きたくなります。
b0128232_23263057.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-15 18:37 | smile
shu のアブラカダブラ ファンタジー♪
この時期になると、X'masに向けて各化粧品メーカーでは期間限定のコフレや商品を発表していくので、いつも以上にマメに情報をチェックしているのですが、今年、一目ぼれしたのはshu uemura の、タカノ綾さんデザインの限定商品たち。
“アブラカダブラ ファンタジー”という名前も、フシギかわいい世界で好み☆さっそく何点か手に入れて、毎日、わくわく気分で使っています。
ジェルタイプのチークを初めて使ってみましたが、乾燥気味の私の肌にはパウダーよりもいいみたい。そんな新たな発見も、嬉しさUPです。

b0128232_1494632.jpg













キャンペーン特設サイトでは、かわいいミニゲームや、写真にぺたぺたスタンプ加工ができたり、色々と遊べるのも楽しいです。
きれいな色とかわいいキャラクターで、思わず足にデコ。ぺたり。
b0128232_1635264.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-09 18:06 | smile
黙示録展ーデューラー / ルドン
“黙示録ーデューラールドン”展を見に芸大美術館に、行ってきました。
芸大の校舎は上野公園を抜けていった場所にあって、紅葉の木々を眺めながら、キモチよく散歩道をてくてくと。
b0128232_20124792.jpg

















ルドンの作品が見たくて、行ったのですが、デューラー以前の黙示録がプロローグとして何点か展示されていて、その作品たちにとても魅かれました。
審判の絵や、“運命の輪”のカードに描かれているようなフシギな生き物、、など、タロットっぽいなあ、と思って調べてみたら、タロットの“審判”のカードは黙示録の最後の審判をモチーフにしているのだとか。そういわれてみれば納得なのですが、初めて知ったのでびっくり。
他にもマルセイユタロットに似た画風の、死や天使が登場する絵が多くあって、きっと聖書や黙示録のことを学んだらタロットのことがより深く理解できたりするんだろうなあ。。

さて、肝心のルドン作品は最後の方に何点かあったけれど、彼らしくもやもやとした印象でした。
何となくすっきりしないような、物足りないような感じだったけれど、そこがまたルドンらしい。ある意味、期待を裏切らない作品たちを見て、満足でした。
芸術の秋☆この秋は、他にもいくつか気になる美術展があるので、精力的に出かけて刺激をたくさん受けたいです。
b0128232_2059287.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-07 21:59 | smile
inとout
最近は何かとイベントも多く、体験したことや感じたこと、のinputばかりで落ち着かず、そのことを自分の中で整理したり、outputがなかなかできないのが、ちょっともどかしいです。。
週末にはまた、色々とありそうなので、今ココロに残っているものが上書きされてしまう前に簡単にまとめ書きを。

まずハロウィンのイベントは無事に楽しく終了♪
私の仮装写真はないですが、この日“KISSメイク”で参加した“小心者or CALIFORNIA LOVERS”のライブはこんな感じでした。
初めて人前でやったタロットもまずまず、いい経験になりました。この時のことをノートにまとめたいのに、全然できてないのがとってもやきもきです〜。



文化の日には日比谷公園で行われた山梨ヌーボーまつりに。
初めて行ったイベントですが、ボジョーレーヌーボーより一足早く解禁される、山梨のヌーボーワインが楽しめるのです。友達ファミリーとシートや食べ物を持っていって、青空の下で秋を満喫しました♪
日頃、なじみのない山梨ワインたちはちょっと甘め(中口と書かれているものも、私にとっては甘かった感じ)、、でしたが、新酒のせいかカジュアルな雰囲気がピクニック気分には合いました。
b0128232_9383123.jpg









そして先日、家で食事をしながらいただいた、コートデュローヌのラベルは北斗七星☆
出かけてばかりではなく、こういう時間も大事だなあ、としみじみ思うのでした。
b0128232_33453.jpg
[PR]
by ramzan10 | 2010-11-05 09:14 | smile