靴、ファッション、浅草…のスマイルブログ
<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
展示会めぐり☆青山あるき
久しぶりの青山で、LIMI feuとTOGAの展示会に行ってきました。
LIMI feuはいつにも増して(変わらず?)鋲などのハードアイテムが魅力的で、今回のTOGAは“ニューロマンティック”がテーマだったようで、、モード的目線よりも音楽的目線からドキドキなのでした。
最近おとなしかった物欲も刺激されてやや、暴走しました。日頃、サイフの紐をしめているからこそ、ゆるめる時のヨロコビが大きいのを実感して。今から来年が楽しみです☆

近くにあるリニューアルしたばかりの根津美術館に入りたかったのですが、せっかく行くならのんびりと庭園を歩きたいし、カフェにも寄りたい、、となると時間的にあまり余裕がなくて。次の機会を楽しみに、断念しました。

b0128232_17174865.jpgタイル模様のような、不思議な竹。ウツクシイ。。












かわりに別のリニューアルしたお店にてランチ。
ガレットにデザート、ドリンクつきで¥1050の、良心的プライスでした。慣れない青山エリアで一人ごはんに困ったら、ここに来ることにしようと心にメモしました。

b0128232_17282419.jpgおまけのシガールが1本。嬉しかったです。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-30 02:40 | smile
アジの会
知人がアジ釣りに行くというので、釣れたアジを味わうアジごはん会をひらきました。
届いたのは、みたことないほど、大きくてリッパなアジ!
5尾のアジ(最初、10尾ほしいと頼んでいたのだけれど、実物をみて5尾に変更)はなめろうと、オリーブ焼きにしていただきました。
ふだん調理するアジと違って、骨もヒレも大きく固くて手のひらには小さなキズがたくさんできましたが、そんな苦労がふきとぶくらい、おいしかったです。

b0128232_9171538.jpgかぼすが小さくみえるくらいの大きさでした。












今回は、4カ国のインターナショナルなワインをいただきました。
左からルーマニア、フランス、日本、イタリアです。
滅多に飲まない日本ワインは、デラウェアというだけあって、甘くて飲みやすすぎるくらいで、、ホームパーティ向きともいえるかも。

b0128232_9173679.jpg1本だけ大きいのは、
勝沼産の1.5L!ワイン。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-26 09:34 | smile
五日月
届けたばかりのサンプルに手直しの依頼があって、夕方ふたたび浅草にUターン。
たまには、こういう日もあります。
週末を前に、仕切り直し。

b0128232_9394690.jpg新月から5日めの今日、
泪橋からみる空の月。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-23 23:40 | good job
秋時間
nonocadesignさんのコメントにあったように、去年くらいからファッション業界、靴業界、あまり明るいニュースを聞かないです。(たまに聞く景気のいいニュースは、やっていることが違いすぎて遠い世界の話みたいですし)
靴の方は特に深刻で、浅草で知り合いに会うたびに“景気どう??”“わるいねー”というのが合い言葉のようになっていたりして。。
昨日は、同業の人に“こういう時はむりしても仕方ないから、今年の残りはまったりする”宣言をして“これ以上まったりして、どうするんだー!”とあきれられてしまいました、、
でも、どんよりした不安を感じながらも、明るくいきたいですものね。

そんな浅草を歩きながら、みつけた秋たち。

b0128232_135456.jpgどんぐりの囲みが、小さい秋気分♪

















b0128232_14224683.jpgそして、触り心地のよい秋♪












忙しくて駆け回る時があって、足をとめてネコと遊べる時があって、、両方を楽しめるのがいいなあ。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-22 09:45 | smile
マドモアゼル会
昨日は、“マドモアゼル会”と名づけられたある集いがありました。
マドモアゼル朱鷺さんという、素敵な方のもとで出会った仲間(弟子?)が3ヶ月に一度、集う小さな会。ちょうど、会の最中で新月になるタイミングもあって、ユメのある話をたくさんいたしました。
新月は新しいことをはじめるのにいい、と言われるのですが、楽しく雑談をしながらも今年の〆にむけて心を整理できたような気がします。

メンバーが変わったり、場所を変えたりしながら4年の間、続いているこの会ですが、家に帰って資料をみたら、会がはじまったのは会社をやめた時とほぼ同時でした。
長く勤めていた会社をやめたのも、最後に朱鷺さんとお会いしたのも05年の3月。そしてマドモアゼル会の1回目が5月。この年はヨーロッパを一人旅したり、失業保険をもらう期間があったり、今までと全く違う仕事についてみたり、それが自分に向いていないと分かってやめたり、もう一度、靴の仕事をはじめるきっかけが舞い込んで来たり。。こうやって振り返ると慌ただしい年でした。
一寸先もみえないままに、新しいことに挑戦する日々を進んでいたときに始まっていたのか、、と思うとふしぎなような、納得をするような感じです。
これから、どんな変化があるか分からないけれど、それでもこの会はゆっくりと続いていく、、と思える存在があるのは、心強くもあります。そんなことを改めて感じた、新月の日でした。

b0128232_23555112.jpg先日飲んだ、ワインのラベルは女性たち。
味は私の好みより、少し甘かった、、私のまわりはぴりり辛口のきいた素敵な女性が多いのだけれど。













次回は来年1月です。すごく先の気がするけれど、その日がきてみると“3ヶ月って早かった”と毎回思います。その時にも、楽しく近況報告ができるといいなあ。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-19 08:50 | smile
もちつ、もたれつ。
昨夜、タクシーで携帯を落としてしまいました。
個人さんだったので確認に時間がかかって、先程、今日送っていただけると連絡いただいたところ。。こういう時は、個人より会社の方が夜中でも対応していたり、確認が早くとれるので便利だなあと思ったり。いや、最初から落とさなければいい話なのですが。
もともと今日は出かけない予定だったので、何件かこちらから連絡をいれつつ、静かな日を過ごしています。

先日は逆に、名刺入れを拾う出来ごとがありました。
警察に届けるのが普通なのだけれど、思い切って直接連絡をとって落とし主の方に送ったところ、恐縮するほど感謝をされて、徳島からお礼のお菓子が届きました。
徳島から??と驚きましたが、“転勤で東京にでてきたばかり”と電話でお話されていたので、地元の自慢のお菓子なのかも。
知らない人と連絡をとりあうのは、今の時代、勇気もいるし、面倒なんだけれど、やってみてよかった、と思いました。
私にとって未知の場所からのギフトは、本当においしかったです。

b0128232_10353162.jpgHPをみればなるほど、のこだわりの味でした。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-15 13:02 | smile
アウェイ日本橋
滅多に行かない日本橋に出かける用があって、ウィーン世紀末展をのぞいてきました。
クリムト、シーレどちらもスキな私にとって、ストライクな企画。同じ派、仲間、のはじめてみる作家の作品もみられて楽しかったです。
でもデパートの美術展のせいか、上品でこじんまりとした内容だったことに、少し不完全燃焼の気持ち。。これは好みの問題ですけれど。
ずっと前にパリで、クリムトの素描展に行ってかなり生々しい絵が並ぶのを見て、圧倒されながら切ない気持ちになった印象がつよくて。思わずそれを、期待してしまって。
また、私でもどぎまぎする絵を、パリの上品なマダムが談笑しながらみる姿に衝撃をうけたのもよい思い出でした。

b0128232_12132131.jpg












また、ちょうど日本に登場して50周年のカルダンの歴代服が展示されていたのも見られてよかった。
50年!子供の頃、頂き物のカルダンのパジャマだったのを覚えています。
可愛らしくて“いつも、その時代から少し浮くスタイル”をキープしてるのが素晴らしい。

b0128232_1211633.jpg永遠のレトロ・フューチャー☆
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-13 09:48 | smile
ひと休み
連休前にいただいたワインは、とても私好みの味でした。
グリム童話のような絵のラベルからは色んな想像が広がったけれど、期待を裏切らない、奥深い世界がありました。

b0128232_21473965.jpgかえるの王様の話、、美女と野獣にも繋がるモチーフだけれど、怖がりの私ではハッピーエンドになれなそうです。














b0128232_21475251.jpgコルクのデザインも、かわいらしくて。
珍しく、帰りに持って帰りたいとお願いしていたのに、忘れてきてしまったのが残念!














ところで、矢野顕子さんの、ふりむけばカエルという曲は隠れた名曲です。
心がひと休みしたい時に、ふと聞きたくなります。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-11 09:22 | smile
ものごとの終わりは、ものごとのはじまり
Y.Y.のニュースは服好きにとって、ファッションの世界の端っこで仕事をする人間にとって、衝撃が走りました。
そのニュースをかきわけて見たSTYLE.comでは守りに入ってない次シーズンの姿がみられて安心したけれど。ものごとの終わりは、ものごとのはじまり。
これが、明るい方向へいくきっかけになりますように。

また、、その昔、学生の頃にスキだったHELMUT LANGはLANG本人が不在のまま、ブランドは続いているけれど。そういうブランドは他にもいくつもあるけれど、、Y.Y.はそうならず、いてほしいと願うのでした。

b0128232_133115100.jpgバイト代の殆どをつぎこんでた頃のLANG。DM保存版たち。
もうそういう買い方はしないけれど、これはこれで、いい経験☆








安くていいものが増えるのは嬉しいし、いいことだけど。
そればかりになってしまうのは寂しいなあ、、と改めて思った日でもありました。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-10 17:36 | smile
雨宿り
今回の台風は大きいみたい。
ずっと家にこもっていられればいいけれど、用があってどうせ悪天候の中を動くのならば、少しでも明るい気持ちになりたいものです。
天気予報では“早めに帰りましょう”と呼びかけることが多いけど、たまには“雨宿りしていきましょう”というのもいいと思うのだけど。どうかなあ??

b0128232_1614529.jpg山谷の宿屋では、一羽の客が雨宿り。
保護色になってますが、みえますか??













        
b0128232_16115949.jpgみえにくいのでアップ画像を。
細い足場で、器用に休んでるのでした。










b0128232_1661190.jpg同じ通りの別の宿では、また違う雨宿りの姿もありました。










雨の中、どちらの姿にも目をひかれてしばし、足が止まりました。
あの後みんな、ちゃんと帰れたのかなあ。。
[PR]
by ramzan10 | 2009-10-07 17:44 | smile